読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメが恋しい時期

Advent Calendar 雑談 アニメ

この記事はkanata Advent Calendar 2016 の17日目の記事です。

私は何故か年の瀬に近づいてくるとアニメが恋しくなってきます。当然、いつも通り秋アニメは追いかけているのですが、今まで自分が見ることができなかった過去アニメを漁りたい欲に駆られます。昨年はSHIROBAKOを見ました。MXが映らない神奈川県民なのでリアルタイムでは見ることができなかったアニメです。ちょうど、去年の秋頃からdアニメストアと契約して大体のアニメが見れるようになっていました。そういえば話題になっていたけど、見れてないアニメこれで見放題じゃんと思い見ました。

shirobako-anime.com

それで、SHIROBAKOすごい良いという感じで去年の年の瀬は過ぎしました。そして、また今年も年の瀬が近づいて今年はP.A.WORKS京都アニメーションの過去作が見たいなとなり、今は花咲くいろはたまこまーけっとを見てます。

www.hanasakuiroha.jp

tamakomarket.com

そしたら、去年のことを思い出し、あっ、SHIROBAKOまた見たいと思いまた見てます。何度見ても良いアニメはいいもんだなと思うこの頃です。

君の名は。を見て 2

Advent Calendar 映画

この記事はkanata Advent Calendar 2016 の16日目の記事です。

昨日に引き続き君の名は。を見ての感想を書きます。引き続きネタバレ注意です。前回の記事は以下から。

kanata-john.hatenablog.jp

www.kiminona.com

3回目(10/25(火)TOHOシネマズ新宿)

この回はとにかく受け身でみようと思っていました。感じるがままに見たいと思った感じです。さすがに3回目になってくると話の前半は三葉かわいい、四葉良いみたいになってきます笑。そんな感じで癒される感じです。感じるがままに見た結果、泣くまではいきませんでしたがうるってくるぐらいにはなりました。やはり、最後のかたわれ時からクライマックスにかけては何度見てもいいなと思います。くるものがあります。あと、これで新宿の三大シネコン全てで君の名は。を見たことになりました。見る箱によって違いますがバルト9>TOHOシネマズ新宿>新宿ピカデリーの順でよかったです。君の名は。を新宿で見るならバルト9が一番良い感じでした。差が出たのは音で出たかなという感じです。新宿ピカデリーはおとなしすぎたかなという印象でした。TOHOシネマズ新宿は良い感じでバルト9は結構音量も出ていて君の名は。に関してバルト9の大きく迫力ある音量がよかったと思いました。

4回目(11/16(水)バルト9)

もう一度初回に見たときの音の迫力が味わいたくてバルト9で見ました。映画によってはバルト9の音量だともう少し控えてもいいのにと思う映画もありますが君の名は。に関してはやっぱりいいなと感じました。この回も月に一度の三葉補給しに来た感じ受け身で見ました。そのため、最後はグッとくる感じを味わえました。早くBlu-ray欲しいなとつくづく思いました。

5回目(12/14(水)TOHOシネマズ府中)

今まで(2~4回目)は一人で見に行っていましたがこの回は初見の友人と見に行きました。また、パンフレット第二弾が出た後で、監督が皆さんの質問に答えたという企画で色々踏み込んだ質問にも答えており、ちょうどそのおかげで映画を見たい欲が高まっていました。そのため色々と細かいところを見たいなと思い見ました。一部見れなかった細かい部分もありましたなるほどこうだったのか納得したり新たな発見があってよかったです。友人もハマったらしく、今度IMAX上映も行こうという話になっています。TOHOシネマズ府中は初めて来たのですが町の映画館みたいな感じでした。どんなことがあったかは詳しい話は以下の記事で書いています。

kanata-john.hatenablog.jp

終わりに

長々と書き連ねてきましたがこの映画は良いという人、普通だったという人、微妙という人とはっきり分かれる映画でダメな人にはダメなんだなと思います。なので人に勧めるのはなんか難しいと思ってしまう感じです。特に親の世代とかに勧めるのはなんか怖い感じです笑。興行収入が205億円を超え、邦画では2位、邦画洋画含めても4位でこれ以上の順位更新は難しいと言われています。私もこれ以上の順位更新は無理なのかなと思っています。流石に千と千尋の神隠しは強すぎます(歴代1位で300億円越え)。その上のタイタニックやアナ雪も約50億円以上の差が現時点であるので中々厳しいというのが理由です。ただし、まだ超えるチャンスは残っているわけで、外部からの何かしらのブーストがあればアナ雪を超えるチャンスはあると考えています。ただし、可能性はものすごく低いですが。そのブーストはアカデミー賞です。万が一ノミネートされればブーストになると思います。そして、ありえないと思っていますがもし受賞した場合には確実にアナ雪も超えてくるのではないのかと考えます。しかし、たらればの話です。そういうことは置いといて、次回の6回目はTOHOシネマズ新宿でIMAXで見る感じになると思います。今までIMAXを見たことがないので色々と楽しみでしょうがないです。

君の名は。関連の記事

kanata-john.hatenablog.jp

君の名は。関連書籍

Advent Calendar 映画

この記事はTeamJ Advent Calendar 2016 の15日目の記事です。

昨日はid:daiizでした。

www.kiminona.com

君の名は。関連書籍のレビューみたいのをしようかなと思います。感想はこちら。

kanata-john.hatenablog.jp

小説版 君の名は。

名前の通り、映画のノベライズです。映画公開前に発売されていましたが私は1回目の映画を見た後に購入しました。実際映画は前情報なしで見るのが一番だと思うので映画よかったなと思った人は是非小説を読むと色々なるほどと思えるし、小説は小説で面白いのでオススメです。

君の名は。Another Side:Earthbound

これは映画のサイドストーリーで映画では描かれなかった話や他の登場人物たちの話になっています。映画公開当初は品薄で書店からしばらく消えていた書籍です。私は1回目(公開2週目の金曜日)を見た後の翌日たまたま立ち寄った書店で店員が1冊だけ店頭に置いたのを運良く購入することができました。これは映画の前には絶対読むものではないと思います。映画を見てから読むものだと思います。これを読むことで他の登場人物のことを知ることができるし、映画では描かれなかったことも話されていて深く話を掘り下げることができます。もう一度映画を見に行こうと思った人には是非読んでほしいなと思います。

君の名は。公式ビジュアルガイド

映画の話の内容を映画のキャプチャで書かれているのと簡単な公式設定集と関係者のインタビューという構成になっています。これを見ると映画の内容を見返すことができます。簡単ですが設定集として色々な情報が載っているので見ていて発見があると思います。二回三回見てしまうような人にはオススメなのかなと思います。

君の名は。パンフレット第一弾

これは映画館で購入できるパンフレットです。公式ビジュアルガイドの簡略版みたいな(当然内容は異なるが)感じです。公式ビジュアルガイドはちょっとという人向けかなと思います。映画のクレジットが載っているのでじっくり見たい人にはいいかもしれません。映画のクレジットを見ていると意外な発見があったりするので私は好きです。

パンフレット 映画「君の名は。」|東宝WEB SITE

君の名は。パンフレット第二弾

これは異例の映画パンフレットの第二弾です。普通第二弾なんてありえないことですがここまでヒットするとこういうのもあるんだなと思いました。映画を見てよかった人には第一弾パンフレットも良いですがこちらの第二弾パンフレットの方が私的にはオススメです。特に監督がみなさんの質問に答えたという企画の内容な相当踏み込んだ内容の質問まで答えており、これを読むとまた映画が見たくなる感じです。

パンフレット 映画「君の名は。」第二弾|東宝WEB SITE

他にもたくさん関連書籍はありますが主な書籍をあげてみました。実は新海誠walkerもあるのですがちゃんと読めていないので読めたら追記するつもりです。公開から三ヶ月経っている読めていないとかアレですね笑

明日はid:daiizです。

君の名は。を見て

Advent Calendar 映画

この記事はkanata Advent Calendar 2016 の15日目の記事です。

君の名は。が公開して三ヶ月が経って、すでに5回見ており、書こう書こうと思って書かなかった感想を今頃書こうと思います。ネタバレを含むので注意。

www.kiminona.com

話のあらすじはいろんなところで語られているのでとばして、感想から行きたいと思います。

1回目(9/2(金)バルト9)

この頃はまだ公開2週目がちょうど入った日でアニメを見ているような間では普通に話題になっていましたが世間的には全然大騒ぎにはなっていないころでした。Twitterではカップル映画だみたいなつぶやきが多く男同士は独りは辛いだのというツイートが多かったころに男4人で金曜日の新宿バルト9の19:10の一番混むような時間帯の回のど真ん中の席で見ました。まず、見慣れた風景が出てきたのでここどこらへんだっけみたいなことを思っていました。見方としては不真面目だったなと思いつつ。あと途中からお腹がぐるぐるし始めて、これ持つかなとか考えていたらクライマックスになり、終わる感じでした。お腹がぐるぐるのせいもあって泣くことはありませんでした。また、すごい衝撃みたいなものと強い違和感がありました。衝撃感はこういうストーリーですごいなというのです。違和感は最初は何に違和感を持っているのかなと思っていましたがだんだんとしてきたら震災をモチーフにしているからだと思いました。こうだったらいいのにみたいな願いとかとに違和感を持ったというよりもこんな感じに忘れてしまうものなのかということに何か言葉に言い表せない違和感を感じました。

2回目(9/15(木)新宿ピカデリー)

1回目で色々と消化不良になったところもあったので2回目を見に行きました。今回は主題歌と劇伴を中心に注目してみようと思っていました。そのため、泣くことはありませんでした。1回目を見た後にサントラをを購入し、聴き込んでいました。この曲はここで流れていたのかとか、こんなところで音楽かかっていたのかと発見した感じでした。また、小説版やサイドストーリーも読んだ上の二回目だったのでここはそうだったんだなみたい感じ見てました。

君の名は。(通常盤)

君の名は。(通常盤)

長くなりそうなので続きはまた明日。

映画館で

Advent Calendar

この記事はkanata Advent Calendar 2016 の14日目の記事です。

だんだん年の瀬に向けて寒くなってきているこの頃です。

今日は今月二度目の映画を見に行きました。映画館に行くたび思うのはなぜあんなにキャラメルポップコーンの匂いを充満させるのだろうかということです。別にあの匂いは嫌いではないですがなんだかなと毎回思います。また、あんまりポップコーンが売れている感じはしないのに売っているのかなと思います。なんといっても意外とポップコーン食べる音はうるさいことときれいに食べないで床にこぼす人が一定数いることです。そういうことを最近は新宿で見ることが多く見ないことが多かったのですが今日は久しぶりに新宿以外で映画を見て、そういう人を見てしまったのでなんだかなと思ってしまいました。町の映画館だとこんな感じなのかとしみじみ思うこの頃です。

iOS10.2リリース(スクリーンショット無音化)

Advent Calendar Apple

この記事はkanata Advent Calendar 2016 の13日目の記事です。

今日、スクリーンショットが無音化すると言われていた(beta版ではなっていたので)iOS10.2がリリースされました。早速、iPhone6sをアップデートしたので使用してみた感じを書きたいと思います。

スクリーンショット無音化とカメラの音量

簡単にまとめると

今回からスクリーンショット無音化が実装され、サイレントモードにしている時であればスクリーンショットの音が鳴らなくなります。しかし、カメラを起動している場合にスクリーンショットを撮った場合に限り、音はサイレントモードであろうが鳴ります。今ままでなっていたものが鳴らなくなるのは変な感じですがスクリーンショット無音化は待ち望んでいたことなので嬉しいものです。また、今回カメラ関係の音量が下げられて、サイレントモードでない場合スクリーンショットの音はなりますが相当音量が下がりました。また、スクリーンショットは端末の設定音量に連動するようになったので音量が小さければスクリーンショット音も小さいですし、逆に音量が大きければスクリーンショット音も大きくなります。カメラに関しては関係なく一定音量です。今回、iOS10からのカメラ関係の音量が大きくなったものが修正されたので嬉しい人は多いのではないのかなと思います。私もその一人です。

その他

その他色々と修正や細々とした機能追加、セキュリティーなどがあります。ですが、今回は基本的なUIも変わっていないので、iOS10ユーザーであれば是非あげるべきではないでしょうか。また、iOS10に上げることを迷っているユーザーにとってもiOS10に上げる大きな魅力(スクリーンショット音の無音化)の追加と欠点(カメラのデフォルト音量が大きくなった)が修正されたので決め手になるのではないのかなと思います。現状、iPhone6sではiOS10.1.x系と体感的な動作の差は感じられません。

iOS9のままのiPad mini4も上げる頃になったかなと思ってます。

Anker SoundCore ポータブル Bluetooth4.0 スピーカー 購入レビュー

Advent Calendar ガジェット

この記事はTeamJ Advent Calendar 2016 の12日目の記事です。昨日はid:mathharachan環境の大切さでした。

昨日、Anker SoundCore ポータブル Bluetooth4.0 スピーカーを購入したので軽いレビューをします。

購入経緯として、結構前から家で使用するスピーカーが欲しくて、今回、手軽に使える感じのスピーカをとりあえず買ってみようと思い、Amazonでセールもやっていたので買ってみました。

この商品を選んだ理由としては結構値段の割には良いという評判を前から聞いていたからです。購入色はセールがブルーかレッドが対象だったのでレッドを購入しました。ついでにAuxで必要なオーディオケーブルも購入しました。

実際に使用してみて、これで三千円ちょいならすごいなという感じです。当然、値段相当の音質ですが気軽に使う分には十分ではないのかなと思いました。Bluetooth接続の場合はイヤホンやヘッドホンと違いすぐ横で音が鳴るわけではないので音楽を垂れ流す程度に使うのであれば十分耐えられると思います。まあまあ、ちゃんと聞く場合には気になる人には気になってしまう音質なのかなと思います。少しちゃんと聞けば荒さがわかります。そういう場合にはAux接続すればいいのではないのかなという感じです。ですがあくまで値段相当の音質なのでちゃんと聴きたい人ならもっと高いちゃんとしたやつを最初から買うべきだと思います。これはあくまで音楽を気軽に垂れ流すのにいい感じのやつだなという印象です。

ちなみにお金があったらSonyのスピーカーが欲しい。

3万5千円はさすがに金欠には出せない金額なので来年値段下がる頃にお金を貯めようと企んでいるところです。

明日はid:nu_ru_nです。