読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時間の使い方

効率
今日のネタは大体の人が悩む時間の使い方です。

こういうネタで書いてますが時間の使い方が上手いか上手くないかと言われたら下手ですけどいろいろ理想的なことも含めつつ書きたいと思います。

これは書くことがいろいろあるのでシリーズ物で書きたいと思ってます。

第一回目は「どのような人が時間の使い方の上手い人なのか」です

どのような人が時間の使い方が上手い人なのか?

  • 要領の良い人
よく要領が良い人が時間の使い方が上手いとか上手く見えることが多いと私は思います。確かに時間の使い方上手い人もいますがただ単に要領が良いだけで実は結構下手くそな人とかいます。なので要領が良いことが時間の使い方の上手い絶対条件ではなさそうです。

  • 忙しい人
次に忙しい人です。忙しい人は充実してるように見えるから時間の使い方は上手いのではないかと言う人もいます。しかし、忙しいことは時間に追われてる人です。その当人がそれで満足してるのであれば良いですが、時間に余裕はなく、他に新たなことを始めようとしてもままならずの人が時間の使い方が上手い人とは言えないでしょう。

忙しい人も違う、ではどのような人が時間の使い方の上手い人でしょうか。

ここまできて、まず根本的に時間の使い方が上手いとはどのような定義なんだろうかという疑問が出てきます。

私は次にあげることを満たしている人だと思います。
  • 時間に余裕は持っているが基本的に暇な時間はない
  • 時間にケチ
  • 目的意識を持っている
  • ルーチンワークを持てる
  • 見える化をしている
  • 完璧を求めすぎない
  • オフを大切にする
以上(ここではtimeマネジメント要件としときます)を満たしている人が時間の使い方が上手い人だと私は定義してます。
しかし、そこらへんも考え方は人それぞれなのであくまでも私の意見です。

このtimeマネジメント要件を満たしている人が時間の使い方の上手い人という結論とここではしておきます。

次回はこのtimeマネジメント要件なのかという話を書きたいと思います。