読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シネコンの会員カードを比べてみた

これはkanata Advent Calendar 2016 の3日目の記事です。

日付変わるギリギリで更新している怪しい感じで書いています。

昨日に引き続き映画に関するネタを書きます。今年はアニメの映画をよく見に行っています。見に行くのは地元のシネコンか新宿に観に行くことが多いです。新宿はシネコンが3つもあるので大体の映画やっていて通学圏内なのでよく利用します。ですが映画も学生にとっては学生料金とは言っても決して安い値段ではないものなので少しでも安く見たいものです。そんな人やよく映画館を使う人のためにシネコンでは会員カードというものが存在しており、よく映画を見に行くようになったので入会して利用しています。どのカードがどんな感じなのか比較してみようかと思ったので比較してみました。ここではクレジットカード機能が付いている会員カードについて比較はしません。

大手シネコンは幾つかあり、東急の109シネマズ、東映のT-Joy(新宿バルト9などを含む)、東宝のTOHOシネマズ、イオンのイオンシネマ(旧ワーナー)、松竹のMOVIX(新宿ピカデリーなどを含む)が挙げられます。この中で会員カードサービスを行っているのは109シネマズとTOHOシネマズ、MOVIXです。今回はこの3つを比較したいと思います。

入会金と年会費

それぞれの会員サービスでは入会金(カード発行手数料としているところもある)がかかり、109シネマズでは1000円、TOHOシネマズでは500円、MOVIXでは100円となっています。また、109シネマズとMOVIXでは年会費はかかりませんが、TOHOシネマズでは毎年更新の際に年会費300円が必要になります。

ポイントシステム

ポイントシステムとしてどのカードも同様で映画一回みると1ポイント付与され、6ポイント集めると一回映画が無料で見れます。ポイント有効期限はそれぞれで異なりMOVIXでは最終鑑賞日から6か月でポイント利用の無料鑑賞では有効期限は延長対象外、109シネマズでは最終鑑賞日から6か月後の末月までで、ポイント利用の無料鑑賞も有効期限の延長対象、TOHOシネマズでは有効な会員である限り(毎年更新をする限り)有効期限は存在しないとなっています。また、ポイント付与の対象はMOVIXとTOHOシネマズでは会員本人の鑑賞のみポイントを付与するのに対し、109シネマズでは本人以外の分もポイントが付与されます。また、109シネマズでは入会する時点で2ポイント付与されます。

それぞれのカードごとの主な特典

109シネマズ
  • 毎週火曜日は1300円
  • 毎月19日は1100円
  • スペシャルシートが通常料金で利用可能

109シネマズの特徴として、サービスが会員本人だけでなく、人数制限はありますが同伴者も同様のサービスを受けられることです。また、スペシャルシートの通常料金は学生であれば学生料金の値段、サービスデー(映画が安くなる日)であればその時の値段で利用出来ます。また、通常のシートより快適に鑑賞できるスペシャルシートが料金そのままで利用出来ます。

TOHOシネマズ
  • 見た映画の上映時間1分1マイルとしてたまるマイルサービス
  • 毎週火曜日は1400円

TOHOシネマズの特徴として、マイルサービスが存在します。マイルはポイントと異なり有効期限が存在し、マイルが付いた年の次の年の12月31日までとなっています。マイルは幾つかの特典と交換できます。飲み物などや溜めまくれば一ヶ月映画映画がタダで観れるフリーパスなどがあります。

MOVIX
  • 一回見ると次回ネット購入なら1200円、窓口購入なら1300円クーポン付与(60日の有効期限あり)
  • 誕生日に1000円クーポン付与(60日の有効期限あり)
  • ネットチケット購入が一般より4時間早い三日間の17:00から購入できる

MOVIXの特徴として、会員が安くなる曜日を設けない代わりに鑑賞するたびに次回安く見れるクーポンを付与するようになっています。有効期限が存在しますが曜日に縛られなくて済み、いつでも安く見れるのが利点です。

結局どこが得か

映画を見に行く回数で決まってくると思います。年に1回しか見ない人は会員サービスは入らない方がいいと思います。ポイントサービスが109シネマズやMOVIXでは有効期限が半年なので最低半年に一回は映画を見に行く人でないとほとんど意味がないからです。しかし、109シネマズではスペシャルシートが通常料金で利用できるのでスペシャルシートを毎回利用したい人にとっては入会してもいいかもしれません。また、TOHOシネマズは毎年300円払って更新しなければならないので6ポイント貯めるのに6年かけていると1800円も払うことになり何もお得ではないというか初年度は500円払うので逆に損です。半年に一回は見に行く人であれば109シネマズかMOVIXの会員であれば入っていて損はないと思います。TOHOシネマズは損ではないのですがあまりお得ではないです。映画を月一ぐらいで見る人であればどの会員サービスでもいいのではないのかなと思います。また、年間およそ30本以上映画を見る人であればTOHOシネマズがオススメです。TOHOシネマズのマイルサービスの特典のフリーパスが6000マイル(映画6000分の鑑賞)で交換できる(六本木は9000マイル)ので映画一本あたり100分として計算すると60本分、マイルの有効期限は翌年の年末までなのでその半分の30本分映画を1年みればたまる計算から来ます。いわゆるヘビーユーザー向けです。

いろいろ書いてきましたが、それぞれまとめると109シネマズでは

  • 家族で見に行ったり、グループで見に行く人にオススメ
  • また、料金が安いサービスデーが多くあるので安く見れる日が多い
  • 初期費用は高いがその分ポイントが2ポイント付いてくる
  • 同伴者も同様のサービスを受けることができる
  • スペシャルシートが通常料金で利用できる

シネマポイントカード - 109シネマズ | 109CINEMAS

となっており、手厚いサービスになっています。TOHOシネマズでは

  • 毎年の更新が必要なので使う人を選ぶ会員サービス
  • 比較的コンスタントに映画を見る人向け
  • 学生にとっては旨味の少ない会員サービス

www.tohotheater.jp

となっており、入会する際にはどのくらいTOHOシネマズで映画を年間どのくらい見るのか考えて入会する必要があります。MOVIXでは

  • 初期費用が安く気軽に入会出来、最低半年に一回観に行けば良い
  • 二ヶ月に一回見行けば常にいつでも安く見れる(その代わり会員専用のサービスデーは存在しない)
  • 一般よりも早くチケットが購入できる

www.smt-cinema.com

となっています。私のオススメはスペシャルシートが通常料金で使える109シネマズの会員カードがオススメです。それぞれの利用の仕方でお得に映画を見てもらえたらと思います。