読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iOS10.2リリース(スクリーンショット無音化)

この記事はkanata Advent Calendar 2016 の13日目の記事です。

今日、スクリーンショットが無音化すると言われていた(beta版ではなっていたので)iOS10.2がリリースされました。早速、iPhone6sをアップデートしたので使用してみた感じを書きたいと思います。

スクリーンショット無音化とカメラの音量

簡単にまとめると

今回からスクリーンショット無音化が実装され、サイレントモードにしている時であればスクリーンショットの音が鳴らなくなります。しかし、カメラを起動している場合にスクリーンショットを撮った場合に限り、音はサイレントモードであろうが鳴ります。今ままでなっていたものが鳴らなくなるのは変な感じですがスクリーンショット無音化は待ち望んでいたことなので嬉しいものです。また、今回カメラ関係の音量が下げられて、サイレントモードでない場合スクリーンショットの音はなりますが相当音量が下がりました。また、スクリーンショットは端末の設定音量に連動するようになったので音量が小さければスクリーンショット音も小さいですし、逆に音量が大きければスクリーンショット音も大きくなります。カメラに関しては関係なく一定音量です。今回、iOS10からのカメラ関係の音量が大きくなったものが修正されたので嬉しい人は多いのではないのかなと思います。私もその一人です。

その他

その他色々と修正や細々とした機能追加、セキュリティーなどがあります。ですが、今回は基本的なUIも変わっていないので、iOS10ユーザーであれば是非あげるべきではないでしょうか。また、iOS10に上げることを迷っているユーザーにとってもiOS10に上げる大きな魅力(スクリーンショット音の無音化)の追加と欠点(カメラのデフォルト音量が大きくなった)が修正されたので決め手になるのではないのかなと思います。現状、iPhone6sではiOS10.1.x系と体感的な動作の差は感じられません。

iOS9のままのiPad mini4も上げる頃になったかなと思ってます。