読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君の名は。を見て 2

この記事はkanata Advent Calendar 2016 の16日目の記事です。

昨日に引き続き君の名は。を見ての感想を書きます。引き続きネタバレ注意です。前回の記事は以下から。

kanata-john.hatenablog.jp

www.kiminona.com

3回目(10/25(火)TOHOシネマズ新宿)

この回はとにかく受け身でみようと思っていました。感じるがままに見たいと思った感じです。さすがに3回目になってくると話の前半は三葉かわいい、四葉良いみたいになってきます笑。そんな感じで癒される感じです。感じるがままに見た結果、泣くまではいきませんでしたがうるってくるぐらいにはなりました。やはり、最後のかたわれ時からクライマックスにかけては何度見てもいいなと思います。くるものがあります。あと、これで新宿の三大シネコン全てで君の名は。を見たことになりました。見る箱によって違いますがバルト9>TOHOシネマズ新宿>新宿ピカデリーの順でよかったです。君の名は。を新宿で見るならバルト9が一番良い感じでした。差が出たのは音で出たかなという感じです。新宿ピカデリーはおとなしすぎたかなという印象でした。TOHOシネマズ新宿は良い感じでバルト9は結構音量も出ていて君の名は。に関してバルト9の大きく迫力ある音量がよかったと思いました。

4回目(11/16(水)バルト9)

もう一度初回に見たときの音の迫力が味わいたくてバルト9で見ました。映画によってはバルト9の音量だともう少し控えてもいいのにと思う映画もありますが君の名は。に関してはやっぱりいいなと感じました。この回も月に一度の三葉補給しに来た感じ受け身で見ました。そのため、最後はグッとくる感じを味わえました。早くBlu-ray欲しいなとつくづく思いました。

5回目(12/14(水)TOHOシネマズ府中)

今まで(2~4回目)は一人で見に行っていましたがこの回は初見の友人と見に行きました。また、パンフレット第二弾が出た後で、監督が皆さんの質問に答えたという企画で色々踏み込んだ質問にも答えており、ちょうどそのおかげで映画を見たい欲が高まっていました。そのため色々と細かいところを見たいなと思い見ました。一部見れなかった細かい部分もありましたなるほどこうだったのか納得したり新たな発見があってよかったです。友人もハマったらしく、今度IMAX上映も行こうという話になっています。TOHOシネマズ府中は初めて来たのですが町の映画館みたいな感じでした。どんなことがあったかは詳しい話は以下の記事で書いています。

kanata-john.hatenablog.jp

終わりに

長々と書き連ねてきましたがこの映画は良いという人、普通だったという人、微妙という人とはっきり分かれる映画でダメな人にはダメなんだなと思います。なので人に勧めるのはなんか難しいと思ってしまう感じです。特に親の世代とかに勧めるのはなんか怖い感じです笑。興行収入が205億円を超え、邦画では2位、邦画洋画含めても4位でこれ以上の順位更新は難しいと言われています。私もこれ以上の順位更新は無理なのかなと思っています。流石に千と千尋の神隠しは強すぎます(歴代1位で300億円越え)。その上のタイタニックやアナ雪も約50億円以上の差が現時点であるので中々厳しいというのが理由です。ただし、まだ超えるチャンスは残っているわけで、外部からの何かしらのブーストがあればアナ雪を超えるチャンスはあると考えています。ただし、可能性はものすごく低いですが。そのブーストはアカデミー賞です。万が一ノミネートされればブーストになると思います。そして、ありえないと思っていますがもし受賞した場合には確実にアナ雪も超えてくるのではないのかと考えます。しかし、たらればの話です。そういうことは置いといて、次回の6回目はTOHOシネマズ新宿でIMAXで見る感じになると思います。今までIMAXを見たことがないので色々と楽しみでしょうがないです。

君の名は。関連の記事

kanata-john.hatenablog.jp